ドキ!丸ごと!中古車だらけの水泳大会
ホーム > > クラゲの集団

クラゲの集団

ある熱帯魚が、ヒラタケとくらげを足して2で割ったような海藻の上に寝転がっていて、体をもぞもぞ動かしたり、ときどき人間みたいに体の位置を変えたりしていた。 

ディズニーアニメに出てくるような感じそっくり。 

 

そして、本当に目撃してびっくりしたのが、ふぐのような皮膚の魚(ふぐかも?)が、目をつぶったのです。 それも漫画みたいに、目のまわりの皮をしぼってつぶったのです。一生懸命つぶってた。  魚って、目をつぶらないというか、つぶれないとおもっていたんだけど、皮膚がのびる魚は、つぶるんだね! 

たぶん、かゆかったのかなあ? 

 

ついでに、海でびっくりしたのは、 到着して数日後の朝、 海岸にたくさんのクラゲがうちあげられていて、 海の中にもたくさん、そうだなあ、2メートル四方に1匹の感じで浮いてました。 そのクラゲは紫色で、平均直径20cmあつさ10cmくらいで足なんかを足すと身長20cmくらい。  大きいのは30cm それがウヨウヨ漂っていて、うちあげられて時間が経つと、だんだん色が薄くなってました。 そして、溶けてくんだよね。 

あんなに大きなクラゲの集団で、しかもきれいな紫のクラゲをたくさん見たよ。 

ちなみに次の日車買取査定の評判を調べた帰りに寄ってみたら、クラゲ集団は去ってました。